オリンピックのゴルフ競技は世界のプロゴルファーも参加

ゴルフ

2020年の東京オリンピックで注目競技の1つになっているのが、前回のリオオリンピックから再び採用されたゴルフです。

なぜゴルフが注目競技になっているのかというと、それは日本ではめったにプレイすることがない海外のグランドスラムの上位に入るプロゴルファーが参加予定だからです。

日本のプロゴルフ大会はグランドスラムを除いて世界中の大会の中でも獲得賞金は高い部類に入りますが、ランキングトッププレイヤーが参加することはほぼありません。それは獲得賞金が高くてもヨーロッパやアメリカ大陸から遠いため、コンディションを維持するのが難しいのがその理由です。
そのため、タイガーウッズのようにスポンサーの関係上で参加する場合はありますが、基本的には移動距離の負担を避けるために日本に来ることはないのが通常です。
しかし、オリンピックとなれば話は別です。

ゴルフは個人競技ですが、他の競技のように大会の結果で選抜に選ばれて国の代表として戦いたいという願望を持っている選手は大勢います。
しかし、リオオリンピックの際はゴルフが種目に入ってもどんな形で運営されるのか分からなかったという点や治安の問題、蚊による感染症リスクがあったため、トッププロゴルファーは参加を見送る人が出たのです。ですが、リオオリンピックで再開したのは決して無駄ではなく、この時に起きた問題は洗い出すことによってどんな競技の流れにしたらいいのか把握できた大会でもあります。
さらに日本は世界でも類を見ないほどの治安が良い国ということ、そしてゴルフへの理解が進んでいる数少ない国であることから、ランキングトップのプロゴルファーにとっては参加しやすい環境が整っています。

東京オリンピックのゴルフ競技は治安が良くゴルフに理解があること、そしてどんな形で開催するのか情報が明確な事、国を代表して戦いたいという願望が叶うという要素を満たすため、日本の大会ではめったに見れないランキングトップのプロゴルファーの技術を見ることができると期待されているのです。