卓球とバトミントン ランキング上位の選手がオリンピックに不出場?

卓球

卓球の代表選考は、計3名の内2020年1月に世界ランキング上位の2名がシングルスの代表として自動的に選出され、もう一人は団体戦内のシングルス及びダブルスで活躍することが出来る選手という基準で選ばれるので世界ランキングが3番目の選手が選ばれることが多いです。

日本人選手最上位は2018年ITTFワールドツアーグランドファイナル男子シングルを史上最年少で優勝した張本 智和選手、その後に丹羽孝希選手、水谷隼選手と続いていますが、水谷隼選手は左目の視力が急激に落ち近視と乱視の状態になったことを告白し選手生活を続けられるのか判らない状態なので、リオオリンピックでシングルスで銅メダル、ダブルスで銀メダルを獲得した最大の功労者が代表から漏れてしまうかもしれません。

バトミントンの代表選考は1か国の選手枠がシングルスもダブルスも最大2枠しかありません。

近年の日本の女子バトミントンは世界屈指の強豪が揃っていて、世界ランキング1位が福島由紀・廣田彩花ペア、2位がリオオリンピックで金メダルを獲得した高橋礼華・松友美佐紀ペア、3位が永原和可那・松本麻佑ペアと、1位~3位までを日本人ペアが占めているので、この中の誰かが代表から漏れてしまうという一大会も目が離せない状態になっています。