東京オリンピック ラグビー日本代表とハンドボール日本代表の展望

ラグビー

東京オリンピックでのラグビー日本代表ですが、男子・女子ともに出場権があり、7人制ラグビー日本代表も男子・女子ともに出場します。

それぞれ愛称があり、ラグビー男子日本代表はチェリーブロッサムズかブレイブブロッサムズ、ラグビー女子日本代表はサクラフィフティーン、7人制ラグビー男子日本代表はセブンズジャパン、7人制ラグビー女子日本代表はサクラセブンズです。

東京オリンピックでのラグビー競技は男女各12か国が出場し、7人制ラグビーの出場数も男女各12か国です。東京オリンピックに向けての成績ですが、チェリーブロッサムズは、直近の2015年の第8回W杯で1次リーグ3位(3勝1敗)の成績で、W杯における最高成績を残しています。

サクラフィフティーンは、直近の2017年の第8回W杯に4大会ぶり4回目の出場を果たしていて上り調子です。7人制ラグビーは男女ともに12チームが出場し、セブンズジャパンは前回のリオデジャネイロオリンピックで4強の好成績でメダルに一歩届かず、サクラセブンズは10位の成績を残しています。以上のことからセブンズジャパンに関してはメダルが期待されます。

ハンドボール

ハンドボール日本男子代表の愛称は彗星ジャパンで、ハンドボール日本女子代表はおりひめジャパンです。東京オリンピックでのハンドボール競技は男女各12か国が出場します。

東京オリンピックに向けての成績ですが、彗星ジャパンは直近の2019年の世界選手権で、24位で予選リーグ敗退 (グループ6位)しています。

おりひめジャパンは直近の2017年の世界選手権で16位で、決勝トーナメント1回戦敗退しています。東京オリンピックでは男女ともに厳しい戦いが予想されます。