東京オリンピック組織委員会に入っている政治家の経歴とは

東京オリンピック

2020年に開催される東京オリンピックは、組織委員会によって準備・運営されます。
正式には、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と言います。

東京オリンピックは莫大な費用がかかるビックプロジェクトですから、日本の総力を挙げて取り組む必要があります。そのため、組織委員会にも政財官から多数の人が参加しており、その中にはもちろん政治家も含まれています。

東京オリンピック組織委員会に参加している政治家の代表格といえば、森喜朗会長が真っ先に挙げられるでしょう。東京オリンピック招致が決まった前後にはメディアにもよく出ていたためご存知の方も多いと思いますが、森氏は元衆議院議員で総理大臣も務めた人です。
現在は政界からは引退していますが、それでも各方面とのパイプが強固な事は想像出来ます。

その他にも、現役の国会議員からは遠藤利明氏が副会長ですし、萩生田光一氏と橋本聖子氏も理事に名を連ねています。また、東京オリンピックが開催される東京都の政治家として、東京都議会議員の小山くにひこ氏・高島なおき氏・東村邦浩氏も同じく理事に入っています。

五輪

政治家の皆さんはそれぞれの有権者の声を反映して活動を行うため、東京で開催される東京オリンピックでは日本国民の意見とともに東京都民の意見も大事という事で、国会議員と東京都議会議員の両方が参加しています。

東京都関係者としては政治家ではありませんが、猪熊純子東京都副知事も副会長になっています。